看護師の主な転職先は|病院やクリニック以外にも活躍の場

看護師の転職

今回の記事では看護師の資格を活かして働くことができる転職先についてまとめました。

看護師の資格を活かしながら新しい転職先を探している場合など参考にしてください。

病院:一般的な就職先の一つで種類も多い

看護師の最も一般的な就職先と言えるのが病院です。

多くの看護師さんがキャリアをスタートさせる場であり、研修等も行われる施設です。

磨けるスキルも多くやりがいも多いため、看護師が最も活躍できる場の一つと言えます。

一方で常に命を救う最前線に立って仕事をするため高い倫理観や責任感が求められます。また、夜勤をこなすスタッフも必要であり体力的にも楽な仕事ではありません。

一言で病院と言っても多くの種類があります。開設者別で考えると一般病院以外では、都道府県などが開設している公立病院、さらには独立行政法人の公的な病院、研究や教育が盛んな大学病院などです。

また、機能別で分類すると一般病院から始まり、200床以上の地域医療支援病院や400床以上の特定機能病院などがあります。

例えば大学病院では診療科ごとに専門性の高い業務となり、一般病院とは違った経験ができ研究などに携われる可能性もあります。

同じ病院勤務でも種類が異なる病院への転職はよく見られるケースであり、看護師としてステップアップを考えている場合は良い選択肢と言えます。

クリニック・診療所

病院と同様にクリニックや診療所も看護師の職場として一般的なものと言えます。

病院に比べると緊急性が高いケースが少なく、穏やかな地域医療に携わるというケースも多い職場と言えます。

夜勤がないケースや残業が少ないケースも多く、プライベートの時間を増やしたい人や結婚等のライフイベントを機にクリニック・診療所に転職する人も少なくありません。

懸念点としては病院などに比べるとかかる人が少なく人間関係が固定される点や、スタッフ数がギリギリで有給が取りにくいケースがある、院長ドクターの方針に大きく左右されるなどがあります。

また、最前線の医療を勉強したい場合などはやはり病院の方が分があると言えます。

しかし、先述のように夜勤や長時間の残業を避け余裕を持って仕事をしたい、患者さんとより密で長い関係性を築いていきたいなどの場合は良い転職先と言えます。

介護施設

病院やクリニックなどと比べるとやや馴染みが少なくなりますが、介護施設も大いに看護師が活躍できる職場です。

高齢者が増えている近年は特に病院やクリニックと同じレベルで求人があり、看護師が求められている職場とも言えます。

介護施設の中でもいくつか種類があり、特別擁護老人ホームや介護老人保健施設、有料老人ホームなど入所の条件などが異なっています。

介護施設での看護師の役割は健康管理や薬の管理、緊急時の初期対応などです。

入居者をメインで担当するのは介護職の人であり、看護師が患者をメインで担当する病院とは役割が異なってきます。

残業などは少ないケースが多く、病院と比べて体力的にも大変さが少ないことが多いですが、入居者の健康面では他の職種の人をリードする立場であり高い責任感が求められます。

一度看護師をリタイアした人や産休明けの人なども多い職場ですが、今後はさらに需要が高まる職場であり、早いうちに介護施設を経験しておくのもキャリアにプラスになると言えます。

訪問介護

近年需要の増加とともに看護師の働き場所としても増えているのが訪問看護です。

自宅にて療養する患者さんに対して、患者さん宅まで訪問し必要な処置やケアを行うのが主な仕事となります。

訪問看護ステーションを拠点とするケースが多く、病院や診療所勤務とは異なった働き方となります。

近年増えている高齢者に対するケアはもちろん、小児の患者さんや入院するほどの必要がない一般の患者さんなども対象となります。

訪問看護のメリットとしては基本的に夜勤はなく土日休みが多いケースも多いです。現在は売り手市場と言える状況であり給与面での待遇が良い傾向もあります。

一方でデメリットとしては、患者さんの急変ではオンコールがあることもあります。また、基本的には現場では一人でケアすることが多く自己判断が求められるケースが多いです。最新の医療知識等を学びたい場合などはやはり病院などの方が向いているでしょう。

トータルで考えると訪問看護は今後も需要が伸びてくる職場であり、こちらも早いうちに現場の経験を積んでおくのは将来のキャリアアップにも繋がる施設と言えます。

その他|一般企業、保育施設、検診センター、治験関連など

一般的な看護師の職場をあげてきましたが、その他にも一般企業や保育施設、検診センターや治験関連の仕事などがあります。

一般企業の例としては医療機器機のメーカーなどがあります。看護師の経験を生かしつつ営業職として働いたり、コールセンターなど内勤の仕事もあります。

保育施設では怪我や病気の子供のケア、健康診断や健康に関する相談に乗るといったことが主な仕事となります。

検診センターでは健康診断のスペシャリストとして患者さんに携わり、書類作成などの事務作業も仕事として含まれます。

治験関連では医療機関側に所属する治験コーディネーター(CRC)として製薬会社からの依頼を受け新薬の開発に携わる仕事などがあります。

今回挙げた以外でも看護師の資格を活かせる仕事は数多くありますが、求人自体は比較的レアな部類に入るため、これらの職種を目指す場合は粘り強く求人を探すのも重要と言えます。

タイトルとURLをコピーしました