看護師が病院やクリニックなどの職場を円満に退職するための注意点

看護師の転職

この記事では看護師が職場を円満に退職するための注意点についてまとめています。

これから退職を控える人などは参考にしてみてください。

退職理由はポジティブな内容に

看護師を円満に退職するための一つ目のポイントとして、退職理由をポジティブな内容にするという点があります。

ネガティブな理由をあげてしまうと、環境改善を理由に引き止められる可能性が出てきます。

職場の方針が自分の考えと合わないと感じている場合、人間関係に不満を抱えている場合でもそのまま伝えるのはリスクがあります。

キャリアアップのために今までと違った方針の職場で働きたい、新たな環境に身を置くことで経験を積みたいなどとポジティブな理由に変換して伝えるのが良いでしょう。

現在働いている職場には不満がないけれど、自分のために他の場所で働いてみたいと伝えることで引き止められる要因をなくしておくのがベターと言えます。

退職を決意したら安易に翻さない

一度決意したのであれば、退職の意思を安易に翻さないようにすることも重要です。

申し訳なさから引き止められるとハッキリ断ることができなくなってしまう人も少なくありません。キッパリ辞めると宣言できず、曖昧な態度になってしまうケースもありますが、これは結果として自分も嫌な気持ちになり、退職先にも迷惑になる可能性が高くなります。

退職の決心をしたのであれば新しい職場でのこれからのことを考えるようにし、安易に決意を翻さないようにしましょう。

もちろん引き継ぎなどの必要な仕事はこなし、辞めるまでは今までどおり職務を全うする必要があります。必要なことはやらなければなりませんが、退職しないほうが良いのだろうかなどと悩むのは意識的にやめるようにしましょう。

曖昧な態度は強く頼めば考え直してもらえるだろうと思わせる原因になりますし、辞めないと言っていたなどと主張されて揉める可能性もあるので要注意です。

退職日をしっかり決めてから伝える

退職日をしっかりと決めてから辞めることを伝えるのも大事です。

何か月前に申し出なければならないなどのルールが決まっていることが多いので、職場のルールなどを確認した上で退職日を自分の意思で先に決めましょう。

施設側の都合の良いときで構わない、数ヶ月以内くらいで辞めたいなどの中途半端な伝え方は望ましくありません。何月何日に退職させてくださいとハッキリ伝えるのが良いでしょう。

明確な日にちを提示しておかなければ、いつまで経っても退職ができないという事態もあり得ます。

退職の希望日を堂々と伝え考えを曲げないようにすることが大切です。

退職の意思は然るべき人に伝える

退職する意思は然るべき人に自分の口から伝える必要があります。

上司や責任者クラスの人には必ず自分自身の口で告げることが大事です。言いやすい人だけに先に伝えるなどすると、知らないところから情報が伝わりこじれる可能性があります。

伝えやすい人から伝えていくのではなく、然るべき相手に正しい順番で伝えるようにしましょう。一般的には直属の上司に最初に報告し、上司の判断を仰ぎつつ責任者クラスの人に伝えるようにしましょう。

上司から話が進まないというケースでは直接人事権がある人に伝える方法もありますが、なるべく角が立たないよう注意を払いながら退職のステップを進めるようにしましょう。

直接話すのが苦手な場合はメールや手紙などで伝えたいと思うかもしれませんが、相手を不快な気持ちにさせないためにも正しい情報を伝えるためにも口で言うようにしてください。

上司や同僚への感謝や引き継ぎ、患者さんへの感謝もしっかりと

円満な退職のためには、上司や同僚への感謝や引き継ぎもしっかりやりましょう

退職すれば関係が終わると思っているかもしれませんが、狭い業界なので将来的にまた一緒に働くことになるかもしれません。

一緒に働くことがなかったとしても、悪い噂を残してしまうと別の場所で働こうとしたときに悪評が伝わってします可能性もあります。

どこに行っても働きやすい状況にしておくためには、しっかりと引き継ぎを行い感謝の気持ちを伝えてから退職するようにしましょう。

また、余裕があれば患者さんの方へも感謝を伝えられるとベストです。

患者さんと気持ち良くお別れをする目的もありますが、感謝を伝えたときにもらった言葉が自分の中で財産となることもあるのでぜひ実践してみてください。

タイトルとURLをコピーしました