看護師の人間関係で悩む場合はどうする

職場の知識

この記事では看護師が職場の同僚との人間関係で悩む場合の原因や改善方法などをまとめています。

職場の人間関係で悩んでいるような場合は参考にしてみてください。

看護師の人間関係が悪くなる理由

看護師の職場で人間関係が悪くなる理由はいくつかパターンがあります。

主なものとして女性のスタッフが多いことから女社会の関係性の悪い部分がでる、狭い環境で関わる人間が限られる、役割分担がはっきりしていない、問題児と言えるスタッフがいる、といったパターンです

看護師は患者さんの健康に貢献できるやりがいのある仕事であり、高齢化社会となる今後はさらなる社会貢献が期待できる職種です。

その反面、看護師という職種は女性のスタッフが多く独特の人間関係があるのも事実です。

職員の人数も限られ流動性が少なく閉鎖的で、一度悪い印象を持たれると人間関係の修復が難しくなることも少なくありません。

また、役割分担が明確でない仕事などは、誰がその役割をやるか決めるのに揉めるなどで不必要な労力を使い結果として人間関係が悪くなることもあります。

その他、いわゆる問題児的なスタッフやお局的なフタッフが人間関係をいびつにし、一度嫌われると職場の職員全体から疎外されるなどといったこともあります。

このように人間関係が悪くなるにはいくつかパターンがあります。どれも簡単ではありませんが、解決方法の例も確認していきましょう。

人間関係を改善する方法①:相手の態度や考え方を変える方法

一つ目の方法として、相手の態度や考え方を変える方法があります。

相手に対して、ここはこうなのでは?それは違うのではないか、自分はこう思う、といったことを継続して伝えていく必要があります。

また、言葉だけではなく自分の行動で示していくことも大事です。自分の努力していることが相手に伝わることで関係性が良くなる可能性もあります。

ただし、この方法は難易度が高くうまくいかないケースも多くあります人間関係の悪い同僚に対して、一度定着した人のイメージや印象を変えるのは簡単ではありません。

長い時間がかかることや労力がかかるということはあらかじめ知っておくようにしましょう。

それでも根気強く続けることで相手側が考えを変えてくれるケースもあります。簡単ではありませんが人間関係を改善する方法の一つであると言えます。

人間関係を改善する方法②:自分の態度や考え方を変える方法

二つ目の方法は自分の態度や考え方を変えることです。これは相手の気持ちや行動を変えるよりも実践しやすく、すぐに効果がでる可能性もあります。

しかしながら、おかしいと思っている職場の文化や慣習、どう考えても相手側が間違っている態度や行動を容認するようなことは、自分自身のストレスになることでもあります。

優しい人ほど実行しがちな改善方法ですが、根本的な改善方法とは言えずずっとやり続けるのは難しいかもしれません。

人間関係を改善する方法③:人間関係を物理的に変える方法

相手の考えを改めるのが難しく、自分が考えを変えるのは納得いかない、という場合は物理的に人間関係を変える方法もあります。

具体的には職場の配置転換やチーム編成の改革、担当や配置の変更などです。

今までの関係性がある程度リセットできるため人間関係の改善には理想的ですが、当然自分の意思だけでできることではありません。上司や責任者クラスの職員に働きかけ、ある程度の期間も必要となるケースが多いでしょう。

また、上司に働きかけても必ず実行してくれるとは限りません。単なるわがままであったり協調性がないと判断される可能性もあるため、慎重に実行する必要があります。

うまく配置換えや担当替えしてもらうには、自分と上司との信頼関係も重要であり、日ごろから上司と良好な関係を築いておく必要もあります。

人間関係を劇的に変えてくれる可能性のある方法ですが、実践するには多くの人の協力が必要なことを認識しておきましょう。

改善が難しい場合は転職を考えるのもあり

人間関係の改善方法について主なものをおさらいしましたが、これらの方法が難しかったり実践しても改善しないような場合、転職を検討するのも良いでしょう

もちろん、転職しても必ず人間関係が良くなるわけではありませんが、あまりに人間関係にストレスを貯めながら働くのも考えものです。

また、転職活動をすることで逆に今の職場の良いところや自分の考えで改めるべき点などが見つかる可能性もなくはありません。

実際に転職するのはもちろんエネルギーが必要となりますが、自分自身の考えも良い方に変わったり良い同僚との出会いも十分に期待できるため、ポジティブな考えを持って転職も選択肢として視野に入れるのが良いでしょう。

タイトルとURLをコピーしました